破魔弓


お正月用の破魔弓・羽子板は11月から店内で展示する予定です。

破魔弓

破魔弓
弓には武勇を表し、さらに邪悪をはらい、目に見えない精霊を退散させる力あるものという意味と、人間には知ることのできない方向と距離を判定する占いの用具としての意味があります。

したがって神社などでは平安のころから魔除けの意味での破魔弓神事が行われていました。「はま」は弓矢で射る的、もしくは的射の競技を意味する語で、のちに「破魔」の字をあて、魔を射る矢と解されるようになりました。

これらの神事が一般の人々の間に広まり、現在のように装飾品として飾られるようになったのは鎌倉時代からだといわれています。そのころから、特に城下町を中心に武家や町人の間に男児の初正月の祝いに破魔弓を贈る習慣が生まれました。

江戸時代に入ると破魔弓は、飾り物・贈り物として盛んとなり、正月の飾りの代名詞としての地位を確立しました。

その気持ちはいまも変わらず受け継がれ、男児の初正月には、雄々しく・力強く・健やかに育てとの願いをこめて破魔弓は飾られています。

破魔弓の展示販売

  店内では11月上旬~年末まで破魔弓の展示販売を行なっています。店内には多数展示してありますので、ぜひご来店下さい。


市川光玉人形工房|雛人形・五月人形

〒 300-1216茨城県牛久市神谷5-8-3

TEL 029-874-3252 FAX 029-874-3988